One EATS株式会社 - You are what you eat.

ユーグレナと聞いてすぐ分かる方は、栄養素・燃料として注目している方でしょう。

ユーグレナ、和名では「ミドリムシ」。体長わずか約0.05mmの小さな藻の一種で、細胞を変形させて動く「動物」と、光合成をして栄養分を作り出す「食物」の2つの性格を持つ稀有な生物です。

私は分子栄養学を勉強して、改めて食物が太陽のエネルギーとCO2から光合成を行い、栄養素を作る大切さを感じました。

太陽の無限エネルギーと、化石燃料を使って増え続けるCO2二酸化炭素)を減らし、O2(酸素)を生産しながら成長できるという性質があります。

ミドリムシ(ユーグレナ)を知ると、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHADPAなどの不飽和脂肪酸など59種類の人間に必要な栄養素をほぼ全て持っています。そして、光合成をする食物の特徴である人間が消化できない細胞壁(セルロースではなく、タンパク質と脂質の細胞膜に覆われています。消化吸収率(93.1%)が格段に良いことが特徴です。

また、パラミロンというミドリムシにしかない機能性成分を含んでいます。

パラミロン機能性成分は、胃潰瘍症状の緩和・中性脂肪とコレステロール値の抑制などがわかっています。

更に期待しているところは、バイオ燃料への期待で、他の植物由来の燃料と違い、トウモロコシ・サトウキビ・小麦などの耕作物と、全く違った生産方法であることが重要です。

ミドリムシのは、今ある食糧問題と環境問題を解決できる可能性があります。

今後も注目していきます。

出典:ミドリムシwiki

 

 

 

 

 

 

https://www.euglab.jp/euglena/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%B7

https://online.euglena.jp/item/1002001300

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です